俳優 舞い上がれ

舞い上がれ!貴司役の赤楚衛二は舞の相手役になるか?幼なじみは結ばれない説を検証

2022年9月28日

2022年10月スタートの朝ドラ「舞い上がれ」に出演することで注目を浴びている赤楚衛二さんですが、赤楚さん演じる主人公舞の幼なじみ役である梅津貴司は最終的に舞と結ばれるのか、気になりますよね。

過去の朝ドラの傾向から貴司が相手役となるのかについて検証してみました。

メイキング映像が公開されるとTwitterでは赤楚衛二さんの出演に大きな期待が集まっていました。

赤楚衛二くんは存在がマイナスイオンですよ。オアシスそのもの

いやもうこれ完全に日本国中に赤楚くん見つかるでしょ。

赤楚くんの関西弁、新鮮でかわいい〜

演じる赤楚衛二さんの映像にみなさん湧いてますね♡

朝ドラで幼なじみは結婚相手になりづらい?

朝ドラでは定番の『異性の幼なじみ枠』ですが、配役にはいつも注目が集まります。

主人公の初恋の相手、または想いを寄せる、寄せられる可能性が高いポジションですよね。

過去作品の中から、主人公と異性の幼なじみがカップルとなる可能性について考察します。

幼なじみはいい奴止まりパターン

  • 2011年第84シリーズ『おひさま』の柄本時生
  • 2013年第89シリーズ『ごちそうさん』の和田正人
  • 2014年第90シリーズ『花子とアン』の窪田正孝
  • 2021年第104シリーズ『おかえりモネ』の永瀬廉

まず結ばれなかった4パターンを見てみると『おひさま』はライバルが 高良健吾でしたので、多くの視聴者が最初から柄本時生の勝率が低いと予想したでしょう。

他の3作品に関しては、幼なじみ役とヒロインの相手役は、人気を二分するほどの人気がありました。

幼なじみ役は常にヒロインに寄り添い、優しいのが常なのです。

だからこそ「自分だったら絶対幼なじみ選ぶわ〜」

という気持ちにさせることが多いのも朝ドラ恋愛です。

各ドラマのライバルである東出昌大(ごちそうさん),鈴木亮平(花子とアン),坂口健太郎(おかえりモネ)のどっちと結ばれるの?

朝から感情移入してときめいた視聴者も多かったことでしょう。

(杏さんが実生活でも東出さんを選んでしまったことは朝ドラマジックのせいかも知れませんが)

幼なじみとなんだかんだで結ばれるパターン

  • 2012年第86シリーズ『梅ちゃん先生』の松坂桃李
  • 2018年第98シリーズ『半分、青い。』の佐藤健

この2つのケースはヒロインもイケメンとなんだかんだあったけど、幼なじみと結ばれて終わるパターンです。

幼なじみ役の俳優さんが、ドラマでの主役級かつ女性人気の高いお2人なので、一度でも主人公が他の男性と恋仲になった時にはブーイングものでした。

「えー!松坂桃李(佐藤健)と結ばれて欲しいのに!」

という視聴者心理は脚本の思惑通りだったに違いありません。

スポンサードリンク

幼なじみは結ばれない説は崩れつつある

過去の朝ドラでは幼なじみと結ばれるパターンも結ばれないパターンもどちらもあり、幼なじみ役が人気俳優であればあるだけ予想は難しくなります。

「舞い上がれ」の主人公の相手役の候補者

それでは、「舞い上がれ」で、主人公の相手役の候補者となっている赤楚君以外の2人を見てみます。

柏木弘明(かしわぎ ひろあき)役 Snow Man目黒蓮

目黒蓮演じる柏木弘明は

国際線のパイロットの父と、元CAの母の航空一家で育ったエリート。完璧を目指す努力家でプライドが高く、弱みを見せないが、舞と同じチームで訓練を続けるなかで、次第に変化していく。

引用元:NHK

朝ドラ初登場の目黒蓮がパイロットを目指す仲間として登場します。

飛ぶ鳥を落とす勢いのSnow Manの大人気メンバーですから、相手役の本命か!!という感じです。

しかし、「おかえりモネ」ではKing&Princeの永瀬廉は相手役になれませんでしたのでジャニーズだからと言って相手役当確は出せませんね。

刈谷博文(かりや ひろふみ)役 高杉真宙

高杉が演じる刈谷博文(かりや・ひろふみ)は、 浪速大学の人力飛行機サークル「なにわバードマン」で人力飛行機「スワン号」の設計を担当。福岡出身の大学3回生。2年連続で設計を担当しており、「なにわの天才」と呼ばれている。

引用元:ORICON NEWS

「なにわの天才」ってどんなキャラクターなの!?と興味深いですよね。

とても魅力的な役で登場予定の高杉くんも、主人公とどの様に絡んでいくのか気になります。

スポンサードリンク

赤楚衛二vs目黒蓮vs高杉真宙の結末やいかに

もはや、この3人を朝から拝めるだけで「舞い上がれ」を見る価値がありますね。

福原遥演じる岩倉舞と誰がカップルになるのか、その経過で他の2人がどう恋愛で絡んでいくのか、幼なじみは相手役になれない説は覆るのか

も楽しみながら舞い上がれの展開に期待していきたいです。

スポンサードリンク

-俳優, 舞い上がれ