未分類

I-LAND10話最終結果と中間投票結果の違和感

I-LAND(アイランンド)とはBTSの所属事務所であるBigHitが手掛ける次世代グローバルアイドルの誕生を目指して作られたオーディション番組である。日本人も3人出場しており、Abemaより配信されている事から日本での人気も高い。

「i-LAND」はABEMAで2020年6月から9月まで限定放送されていたオーディション番組です。

オーディションの合格者はENHYPEN(エンハイフン)としてデビューしました。おめでとうございます!




I-LAND(アイランド)の10話でついに第2回グローバル投票の結果が出て、1人の脱落者が決定した。脱落者は「タキ」ついに3人の日本人参加者の内の1人が脱落した。タキは日本人だけでは無く、他のメンバーや他の国のファンからも愛されていたので脱落はとても悲しい結果となった。




第2回グローバル投票結果

  1. ソヌ
  2. ヒスン
  3. ジェイ
  4. ハンビン
  5. ソンフン
  6. ケイ
  7. ジェイク
  8. ジョンウォン
  9. ニキ
  10. ダニエル
  11. タキ

タキが落ちてしまったが、もはや落とす人が見つからない程魅力的なメンバーばかり。この11人でのデビューをIーLANDファンは心から望んでいるはずなので誰が落ちてもとても悲しい。結果を腑に落とすには自分の中で何か基準を決めるしかない。となるともう「実力」でしか評価出来ないのである。ファンから見てもタキの実力が他のメンバーより落ちるのはテストの内容やプロデューサー評価を見ても理解出来た。(もちろん、スタート時と比べて格段にダンスのスキルは上がっている)

また、タキはまだ16歳でこれから練習生として実力を重ねてデビューを目指しても全く遅く無いのである。タキの魅力は既に世界中に伝わっているのであとは彼にとって一番ふさわしいタイミングでデビューが叶えなれるのを祈るしかない。

スポンサードリンク

中間発表の時の順位

  1. ソヌ
  2. ヒスン
  3. ソンフン
  4. タキ
  5. ジェイク
  6. ジョンウォン
  7. ダニエル
  8. ハンビン
  9. ケイ
  10. ニキ
  11. ジェイ

第9話の最後に発表されたグローバル投票の中間結果は、視聴者にもメンバーにも衝撃が走った。特にジェイはこの結果が出てから「次は自分が脱落する」と思い込み、次のテストの練習にも参加せずサポートに回り、他のメンバーに別れの手紙を書く様子が映し出されたり、番組側としてもジェイ脱落フラグ立てまくりだったのだ。視聴途中から「本当にジェイが脱落するのではないか」とまんまと騙された視聴者も多くいただろう。9話に続き10話でもジェイの憎めないキャラクターが炸裂していた。




中間発表の時の最下位は脱落しない?票の動きからの推察

今回の中間発表と最終のグローバル投票の結果を見て、中間発表の下位だったメンバーに救済票が入った事が分かる。一度に投票出来る人数が2人なので1番の推し+下位メンバーの組み合わせで投票した人も多くいただろう。特にジェイ、ハンビン、ケイに票が流れた傾向が見られる。ニキにはあまり見られない。そして、ソンフンやジョンウォンの順位が落ちてしまった事から救済票は2人に入っていた票から流れたと考えられる。これから最終回までの投票は1人1日1票になった。今まで1番の推し+で入っていた票は無くなる為どの様に順位が変化していくのか最後まで読めないのである。

 

スポンサードリンク

-未分類