ニュース

100円寿司の闇!かっぱ寿司社長の田辺公己はなぜ逮捕されたのか

2022年9月30日

2022年9月30日、かっぱ寿司の社長の田口公己が逮捕されました。

最近100円寿司業界のネガティブなニュースが話題になることが多いですよね。

その中でも衝撃的なニュースとなった、かっぱ寿司の社長の逮捕です。

かっぱ寿司の社長はなぜ逮捕されたのでしょうか。

はま寿司の仕入れデータ持ち出しの容疑で逮捕

田口公己ははま寿司の営業秘密である仕入れデータを持ち出したとして不正競争防止法違反で逮捕されました。

回転ずしチェーン大手「はま寿司」の営業秘密を不正に取得したとして、警視庁は30日、同業の「かっぱ寿司」を運営する「カッパ・クリエイト」(横浜市)社長の田辺公己容疑者(46)を不正競争防止法違反(営業秘密領得など)容疑で逮捕した。

読売新聞オンライン
引用:日本経済新聞YouTubeチャンネル
引用:日本経済新聞YouTubeチャンネル

なぜ競合であるはま寿司のデータをかっぱ寿司の社長が持ち出すことが出来たのでしょうか。

スポンサードリンク

田口公己の前職は、はま寿司の取締役

かっぱ寿司の社長がはま寿司のデータを持ち出すことが出来た理由としては、田口公己の経歴に答えがあります。

田口公己のプロフィール

田口公己のプロフィールと経歴は以下の様です

基本情報

生年月日:1976年3月31日 (46歳)

出身地:千葉県

ジョリーパスタ代表取締役社長,ココスジャパン代表取締役社長を経てカッパ・クリエイト代表取締役社長

経歴

  • 1998年 東海大学開発工学部卒業
  • 1998年 ゼンショー(現ゼンショーホールディングス)入社
  • 2009年 ゼンショー経営改革室ゼネラルマネージャー
  • 2014年 はま寿司取締役
  • 2017年 ジョリーパスタ代表取締役社長
  • 2020年 カッパ・クリエイト顧問、カッパ・クリエイト執行役員副社長
  • 2021年 カッパ・クリエイト代表取締役社長

田口公己は東海大学を卒業後、はま寿司を傘下に持っているゼンショーホールディングスに入社し、すごい勢いで出世して入社16年目ではま寿司の代表取締役に就任します。

その後、どういった経緯かはわかりませんが、2020年からカッパ・クリエイトに参加。2021年にはカッパ・クリエイトの代表取締役に就任しました。

競合に転職し、その後社長に就任するという事実から見ると、引き抜かれたと考えるのが順当です。

不正する前提でカッパ・クリエイトの顧問となったのか

2022年の逮捕に至るまでの経緯としては

逮捕の経緯

  • 2020年11月からの2ヶ月間、はま寿司の日次売上データをゼンショーの元同僚から数回受け取っていたとして、はま寿司は不正競争防止法違反の疑いで告訴
  • 2021年6月カッパ・クリエイト本社などの家宅捜索
  • 2022年9月30日逮捕

カッパ・クリエイトの顧問になったタイミングではま寿司から不正競争防止違反の疑いで告訴されています。

ゼンショーホールディングスからしてみれば、新卒から大事に育ててきて、はま寿司の社長まで任せた田口公己に、競合のかっぱ寿司へデータを持ち出されたと分かった時、怒りの感情に包まれたのでしょう。

スポンサードリンク

100円寿司の競争激化による闇が見える

近年、100円寿司業界ではネガティブなニュースが話題になることが多いです。

スシローの虚偽広告問題

回転寿司最大手のあきんどスシローが、景品表示法違反で消費者庁から6月9日に再発防止を求める措置命令を受けました。実際には購入できない商品をあたかも購入できるかのように、テレビやウェブサイトなどで宣伝したことが「おとり広告」に当たると判断されたのです。

東洋経済オンライン

くら寿司のパワハラ焼身自殺問題

4月1日早朝、山梨県甲府市にある寿司チェーン店「無添くら寿司」に勤務する30代の男性店長が、店の駐車場で自殺していた。

亡くなったのは中村良介さん(仮名・享年39)。(上司から日常的にパワハラを受けていた)中村さんは自身の車を店舗の駐車場に停め、車内に火を放ち、自ら命を絶った。

文春オンライン

ここ1年の間に100円寿司チェーン店のスキャンダルが世間をにぎわせました。

100円寿司は日本の外食産業の発達と共に拡大してきた市場です。

市場拡大と共に、競争の激化や労働環境の問題が最近軒並み話題となっています。今回のかっぱ寿司社長の逮捕もこのような競争激化の歪みの中で生まれた逮捕なのでしょう

スポンサードリンク

-ニュース