アイドル ニュース

滝沢秀明が退社した8つの理由|ジャニーズ喜多川の遺志を継ぐために独立か?

2022年11月2日

滝沢秀明さんがジャニーズ事務所を突然退社されました。

滝沢秀明さんはジャニー喜多川さんの後継者となるため、タレント業、アイドル業を引退して、ジャニー喜多川さん亡き後もジャニーズ事務所を支えて来られました。

表舞台から引退する際はテレビ番組「金スマ」でジャニー喜多川さんとの絆やジャニーズ事務所への恩返しの気持ちなど、裏方へ回ることへの熱い想いを番組を通じて語っていました。

しかし、今回の退社に関しては公式なコメントも無く突然ジャニーズ事務所を去っていってしまいました。

滝沢秀明さんはなぜジャニーズ事務所を退社されたのでしょうか?本人が何も語られないので憶測が飛び交っています。

滝沢秀明さんが置かれていた環境、ジャニー喜多川さんとの関係、ジャニーズ事務所の現在の状況から考えられる理由についてまとめてみました。

※滝沢秀明さん本人やジャニーズ事務所からの公式な理由は発表されていません。当サイト調べでの可能性としての理由をまとめています。

理由1:TravisJapanがデビューしたから

滝沢秀明さんの元、世界デビューを目指してきたTravisJapanが、2022年10月28日にメジャーデビューを果たしました。

アメリカのレコード会社からのメジャーデビューはジャニーズ事務所初であり、ジャニー喜多川さんの悲願でもありました。

ジャニー喜多川さんの意思を継ぐ滝沢秀明さんが育成からアメリカ進出、メジャーデビューを支え、その姿を見届けてすぐに退社の発表となりました。

つまりは滝沢秀明さんにとって、TravisJapanのデビューはジャニー喜多川さんとの一つの夢の実現でした。目標が一区切りついたことで退社を決断した可能性があります。

スポンサードリンク

理由2:藤島ジュリー景子社長との関係が悪化

滝沢秀明さんの退社は、話し合いの上の円満退社と一部で報道されいます。

別のテレビ局関係者によると、円満退社でジュリー氏や事務所側との確執はなかったという

日刊スポーツ

しかし、代理人を立てての話し合いのもと退社したとも報じられています。相反する報道が混乱を招いていますが、

退社に際して滝沢秀明さんからの公式なコメントが無いことから円満退社とは考えにくいです。

後継人の井ノ原快彦さんはインタビューの中で

ジャニーさんの後を継ごうとしていた意志は半ばになってしまうかもしれないけど、僕たちが受け継いでいくことを伝えました。『任せて!』と言ったら(滝沢さんは)『もちろんですよ』と言ってくれました

中日スポーツ

ジャニーズ事務所側の井ノ原快彦さんと退社する滝沢秀明さんのやりとりは違和感があります。

ジャニー喜多川さんのエンターテイメントにかける想いを継ぐために、ジャニーズ事務所の副社長、ジャニーズアイランドの社長として実績を出し続けて来た滝沢秀明さんが、意思半ばに放り出して去っていくとは考えにくいです。意思を継ぎたいけどここでは出来ない、と思わせる何かがあったのかもしれません。

SMAPの退社の例を見ても、ジャニーズ事務所と確執を抱えて退社するタレントは、ファンに向けて説明することも、想いを伝えることも無いまま去っていきます。

理由3:一族経営のジャニーズ事務所の体質と合わなかった

ジャニー喜多川さんがまだご存命の時、後継者として裏方に入ったのが滝沢秀明さんです。

しかし、滝沢秀明さんが実績を基に後継者として内外に認められる前にジャニー喜多川さんがお亡くなりになってしまいました。

そのため、後を継いだのはジャニー喜多川さんの姪である藤島ジュリー景子さんでした。

滝沢秀明さんは演者として長きに渡りエンターテイメントに関わって来られて来ました。一方で藤島ジュリー景子さんは前社長の姪という立場からの社長就任ですので、意見が食い違うこともあったのかもしれません。

一般企業に置き換えてみれば、一族経営の会社はカリスマ社長が居なくなった場合、次の世代、その次の世代の社長も同じようにカリスマ性を発揮して社員の意識を一つにまとめることが難しくなります。滝沢秀明さんが持っている演者目線で見たエンターテイメント在り方、時代に即した事務所経営のあり方と、現社長との意見が違ってしまったことは十分に考えられます。

スポンサードリンク

理由4:副社長としての立ち位置では理想のエンターテイメントを作れなかった

ジャニー喜多川さんは日本のエンターテイメント界を支えてきたカリスマ経営者です。滝沢秀明さんはデビュー当時からジャニー喜多川さんから特別な扱いをされており、一番側で最高のエンターテイメントを作り上げる所を見て来ました。

滝沢秀明さんは、コロナにより舞台やコンサートなどに制限が掛かる中、ジャニー喜多川さんの意思を継ぐ方法を画策して来たかと思います。

そんな苦労の中でジャニーズ事務所と意見が合わずに理想を形に出来ないことに苦悩されていたのかもしれません。

理由5:ジャニーズ事務所上層部の中で孤立していた

圧倒的カリスマを失ったジャニーズ事務所からは多くのタレントが退社したり、独立したりと離れていきました。2019 年以降でも人気のある方が多く退社されました。

退社したタレント

  • 錦戸亮さん
  • 手越祐也さん
  • 長瀬智也さん
  • 山下智久さん
  • 森田剛さん
  • 中居正広さん

今活躍しているグループのメンバーは滝沢秀明さんの後輩がほとんどです。

そんな中、想いを打ち明けることが出来る先輩や同期のような存在も無く、事務所の上層部の中で孤立していたのかもしれません。

理由6:健康上の理由

滝沢秀明さんも2022年現在40歳を迎えられました。体調に問題を抱えている可能性も全くなくはありません。

少なくとも、上に挙げた理由などから過度なストレスは抱えていたことが推測されます。

理由7:演者として表舞台に戻る?

わたしの望み多めの理由ですが、滝沢秀明さんが演者として再び舞台に出たり、映画やドラマに戻ってくる可能性もゼロではありません。

タッキー&翼で一緒に活動していた今井翼さんは、現在は松竹エンターテイメントに所属し、俳優として活躍されています。

今井翼さんと滝沢秀明さんの共演が、、、、見れたら最高です。

理由8:プロデューサーとなってボーイズグループを作る

※この理由は筆者の願望100%です。

近年SKY-HI,X JAPANのYOSHIKIなど大物ミュージシャンがボーイズグループを公開オーディションで作る。というのが流行っていますよね。

オーディションを通じてデビューまでの苦労を見せながらファンを獲得し、デビューしてからも成功を収めているケースが多くあります。

そこで期待するのは大物アーティスト出身、ジャニーズ事務所内で超人気ボーイズグループを何組もプロデュース、そして本人も超人気アイドルであったカリスマ性のある滝沢秀明さんが万が一ボーイズグループをプロデュースしたら、日本国中が注目するのは間違いありません。というか私は絶対見ます。見たいです。

まとめ:タッキーはジャニーズ喜多川の意思を継ぐために退社した

ここまで、独自の観点から滝沢秀明さんの退社理由について可能性を述べて来ましたが、全てはジャニー喜多川さんと滝沢秀明さんの血縁以上の強い絆と、滝沢秀明さんという平成を駆け抜けた素晴らしい才能、そして素晴らしい人間性を根拠としています。

滝沢秀明さんはきっとジャニー喜多川さんとの約束、意思を継ぐために前向きな理由で退社を決めたのだと思います。

次に滝沢秀明さんの名前を見る時を楽しみに待ちたいと思います。

アイドル ニュース

滝沢秀明の後任がイノッチ!井ノ原歌舞伎でもSnowMan主演はキープなるか

2022/11/2  

ジャニーズ事務所の副社長とジャニーズアイランドの社長を兼任している滝沢秀明さんが、2022年10月31日に事務所を退社されました。 また、滝沢秀明さんの後任には井ノ原快彦さんが就任されました。 表舞台 ...

スポンサードリンク

-アイドル, ニュース